氷見産天然ブリしゃぶセット

氷見産天然ぶり&ホタルイカしゃぶしゃぶ
ホタルイカしゃぶしゃぶも追加したデラックスセットもあります。

氷見産天然ぶりしゃぶセット

リピート注文のお客様はこちらをクリック!

【商品説明】

天然寒ブリの産地として有名な富山県氷見市で水揚げされた天然ぶりをしゃぶしゃぶ用に薄切りしたブリしゃぶのセットです。

画像はイメージです。
氷見の寒ブリは料理人や水産業界関係者なら知らない人はいないほど認知度の高い天然寒ブリの超高級ブランド。日本海の荒波で育ち、大量のプランクトンが発生する「天然のいけす」富山湾でしっかりと栄養を蓄えた最高級の天然ぶりは旬の真冬を迎えると身質・脂ノリとも最高の状態になります。
旬の時期の天然寒ブリ
まるまると肥えて見るからに美味しそう!
寒ブリの身
身質・脂のノリとも最高♪
氷見で獲れた天然ぶりは青箱と呼ばれる青色のブリ専用ケースに入れられ、海産系居酒屋などではその箱を店内のデコレーションに利用するほど、他の産地の追随を許さない圧倒的な品質とブランド力を持っています。
氷見ブリの象徴「青箱」

氷見寒ぶりvs能登天然寒ブリ徹底比較
↑バナーをクリックしてください↑

その最高の時期である真冬に水揚げされた氷見産の天然ぶりをしゃぶしゃぶ用に加工したのがこの商品。沸騰したお鍋でしゃぶしゃぶとして、口の中に入れたときに広がる上品でしっとりとした脂と味わいはまさに至福の味。仕事や家事、勉強の疲れもあっという間に吹き飛んでしまうほどの幸せな感情が心を満たしてくれます。

一般的なブリしゃぶとの違い

1. 養殖ハマチと天然ぶりの違い

一般によく販売されている「ブリしゃぶ」は多くのものが養殖ハマチ(4kg前後)を使っているものです。天然ではなく養殖ハマチが使われる主な理由としては

  • 養殖なので原価と供給、品質が安定している
  • 天然ものに比べて色変わりがしにくい

といったあたりの取り扱いやすさや手軽さが挙げられるでしょうか。

こうした養殖ハマチに比べ、天然ぶりは時期や産地によって身質も価格も大きく変化し、色変わりもしやすいのでプロの目利きが必要となり、そのため最近ではブリの本場・北陸でさえ養殖モノが大量に流通するようになってきています。

ただ、天然ブリは養殖ハマチと比べて

  • 臭みや脂のしつこさがなく上品な味わいがある
  • 旬の時期は身質も脂ノリも絶品になる

という良さもあります。

確かに様々な自然環境や水揚げ状況によって身質や脂ノリはもちろん原価も大きく変動する上に色変わりもしやすいので取り扱いが難しい食材ではありますが、やはり旬の天然ブリの味わいは筆舌に尽くしがたいほどの美味しさですので、柴田屋では寒い旬の時期に獲れた天然ぶりにこだわって製品化しています。※そのため数量は毎年限定での販売となっております。

旬の時期の天然ブリの身質

2. 旬の時期なので脂が乗っている

ブリも他の魚同様、気温(海水温)が高い時期は身が細っていてあまり美味しくありません。ただ秋口から海水温が下がり始めるとそれに合わせてブリもしっかりと体に脂肪分を蓄えるようになります。さらに11月中旬以降になると北陸では急激に寒くなって「ブリ起こし」と呼ばれる落雷が頻繁に発生するようになります。

この頃になると日本海の波も連日大荒れになり、それに応じてブリ自体の運動量も大幅にアップするため身質も明らかに良くなっていき、その状態が厳しい寒さが続く2月くらいまで続きます。

3. 富山湾でしっかりと栄養を蓄えている

今回お届けする商品は天然寒ぶりの本場・富山県氷見市で水揚げされた天然ブリを使用。富山湾は立山連峰に囲まれた自然豊かな内海で魚介類の餌となるプランクトンも豊富で「天然のいけす」とも呼ばれる好漁場で、湾内は比較的波も穏やかなためブリも食欲旺盛になりしっかりと肥えていきます。しかも漁港の眼前に定置網が設置できるため鮮度も抜群で、これらの諸条件が天然寒ブリの最高峰「氷見寒ぶり」ブランドを支えています。

矢印のようにブリが富山湾内を回遊します。氷見市はⒶのマークがある所です。

氷見寒ぶりvs能登天然寒ブリ徹底比較
↑バナーをクリックしてください↑

通常仕入れるとどれくらいするのか?


そんな天然ぶりの最高峰・氷見産天然ぶり。美味しくなる11月中旬以降には地元の漁協から「氷見寒ぶり宣言」が出され、最高級ブランドにふさわしい身質・脂ノリの天然ぶりが出回るようになると市場は一気に盛り上がりを見せます。それに応じて価格も上昇していき、11月後半からは浜値(漁港のセリ値)でキロ単価2500~3500円を推移し、年末になればキロ単価5000円を超える日も出てきます。

魚は仕入れた状態から三枚おろしにして切身(今回はしゃぶしゃぶ)にしますが、可食部になるのはおよそ35~40%(60~65%は廃棄)です。つまり、例えば年末にキロ単価5000円で仕入れたブリをしゃぶしゃぶ用にすると

(素材のコストだけで)
5000円/kg÷0.35=14,285円/kg(100gで1,428円!) となります。

通常この浜値の原価から一般消費者の皆様に届くまでに(加工作業賃や流通マージンなどで)倍にはなりますので、キロ単価28,000円程度!

つまり今回の商品は500gパックですから
28,000円/kg×0.5=14,000円(/パック)

なんと!
1パック14,000円
というとんでもない価格になります・・・。

お安く提供できる理由

もちろん1パックで14,000円もするようなお料理はいくら最高に美味しいといってもなかなか手が出せないもの。でもこんな美味しいものは是非全国の皆様にも味わって頂きたい・・・。

ということで、仕入先の方にも協力を頂きながら以下のような工夫をすることでコスト削減を実現しました。

  • 1・2月の相場が下がった時期に買い付け

  • →1~2月は本当の「寒」の時期ですので一番天然ぶりが美味しい季節なのですが、需要としては正月前後をピークに下落していきます。そこでその相場が下がったタイミングでドップリと肥えた天然ぶりを買い付けました。

  • 急速凍結して年末まで冷凍保管

  • →買い付けをした天然ぶりをすぐに急速凍結し、超低温冷凍庫にて保管。ぶりしゃぶが美味しくなる冬場に1本ずつ解凍してブリしゃぶにしていきます。一度凍結した素材を使うため若干色味はくすんでしまいますが、最高に脂の乗った時期の素材なので、年末に鮮魚で仕入れる天然ぶりよりも身質・脂ともに上のランクのブリしゃぶをお届けすることができます。

いよいよお値段発表!

そんな超高級な氷見産天然ぶりのしゃぶしゃぶですが、家族皆さんでお楽しみ頂けるたっぷり500gのパックに加えて

  • 氷見産天然ぶりしゃぶ500g
  • 特製ポン酢
  • 柚子胡椒
  • 羅臼昆布

の4点セットで

おうち酒場・柴田屋 氷見産天然ぶりしゃぶセット
ホタルイカしゃぶしゃぶはオプションです(かがやきデラックスコースのみ)。
9,980円(税込/送料別途)になります。


これだけでも充分美味しく召し上がって頂けるのですが、どうせならもう一つの富山湾の名産品も一緒にしゃぶしゃぶして頂きたい!ということで、富山湾で獲れたホタルイカもセットにした「かがやきデラックスセット」も特別にご用意しました。※こちらは11,800円(税込/送料別途)です。

このトレーが3つ入っています。

【お届けする内容】

おうち酒場・柴田屋 氷見天然ぶりしゃぶセット
ほたるいかは「かがやきデラックス」のみ。

氷見産天然ぶりしゃぶセット「はくたかスタンダードパック」

  • 氷見産天然ぶりしゃぶ500g
  • 特製ポン酢
  • 柚子胡椒
  • 羅臼昆布

9,980円(税込み/送料別途)

氷見産天然ぶりしゃぶセット「かがやきデラックスパック」

  • 氷見産天然ぶりしゃぶ500g
  • 富山湾産ほたるいかしゃぶしゃぶ用30尾
  • 特製ポン酢
  • 柚子胡椒
  • 羅臼昆布

11,800円(税込み/送料別途)

おうち酒場・柴田屋 氷見産天然ぶりしゃぶセット
柚子胡椒と特製ポン酢付き(ホタルイカしゃぶしゃぶはかがやきデラックスコースのみ)。

いずれも原料がなくなり次第終了となります。お早めにご注文下さいませ。

ご注文はこちらから↓

ご注文は当店「おさかな料理の柴田屋」を運営する真洋創商株式会社のショッピングサイトにて行なって頂きます。※注文ボタンを押して頂くとショッピングサイトに移動します。

【シェアお願いします!】