ホタルイカ一夜干し(素干し) ~口の中に広がるジュワーっと広がる旨味がたまらない!~

ほたるいか一夜干し

リピート注文はこちらから↓

ご注文は当店「おさかな料理の柴田屋」を運営する真洋創商株式会社のショッピングサイトにて行なって頂きます。※注文ボタンを押して頂くとショッピングサイトに移動します。

商品説明

ほたるいか一夜干し調理前
お酒を呑んで頂いてナンボ!の世界の居酒屋さんが好んで使って頂く酒飲みのための一品がこのホタルイカの一夜干しです。ホタルイカ素干しとも呼ばれています。一口サイズですがしっかりと肥えたホタルイカを干物にすると、旨味が強いホタルイカのミソ(内臓)もギュッと濃縮して更に美味しくなります。網やライターで軽く炙って召し上がってください。口に含むと広がるホタルイカの旨味と程よい食感を楽しみながらお酒をチビチビと頂く時間は至福のひとときです。

炙りながらチビチビと呑むのが最高のひとときです

ホタルイカ一夜干し調理例
ホタルイカと言えば茹でて酢味噌で頂くのが最もポピュラーだと思いますが、干物で頂くと最高の酒の肴になります。画像のように卓上コンロなどで炙って頂くと美味しく召し上がれますが、準備が手間な場合はライターで軽く炙って頂いても大丈夫です。
網焼きで炙るほたるいか一夜干し
火にかけて頂くとすぐにホタルイカの脂が表面に浮き出て火に滴りますので焼きすぎには注意してください。表面が軽く曲がってきたら食べごろです。

個人的には1尾ずつ炙りながらチビチビとお酒を頂く、という食べ方がおススメですが、面倒になったら数尾をまとめて炙って頂いても大丈夫です。
ほたるいか一夜干し(素干し)調理後盛り付け例

炙ったホタルイカ一夜干しを温かい状態で口の中に含み、軽く噛めばホタルイカのミソ(内臓)の旨味がジュワーッと口の中に広がります。この旨味はまさにお酒を頂くための味で、日本酒や焼酎に限らず赤ワインなど芳醇な味わいの酒類と合わせて頂くと最高です。

今日は頑張ったなぁ~という日のご自身へのご褒美や、明日への活力補給として、是非ご自宅の冷蔵庫に常備しておいてくださいね。

ほたるいかの本場・富山県魚津市で作りました

富山湾産と山陰産のホタルイカ比較
大きさや身の厚さがまったく違います。
ホタルイカは山陰から山形沖合まで獲れますが、一般的に一番評価が高いのが富山湾内のホタルイカ。一番と言われるには漁場の豊かさや漁法などの理由がいろいろとありますが、富山湾のホタルイカはふっくらとしていて、旨味が強いミソ(内臓)もたくさん入っています。

そのため、富山湾沿岸にはホタルイカを取り扱うお店がたくさんあり、当店の商品もまたそのホタルイカの取り扱いに慣れた富山湾沿岸のホタルイカ屋さんで干物にして頂いた商品をお届けしています。

富山県魚津市のほたるいか屋さんの皆さんと
ホタルイカの本場・富山県魚津市のほたるいか専門店の皆さんと
※原材料表記は日本海産となっておりますが、極力富山湾産のものを使用し、それ以外の産地のものでも富山湾産に匹敵する素材のみを厳選して使用しております。

商品詳細

原料産地 日本海(主に富山湾)
製造地 富山県魚津市
包装形態 10尾/パック×5パック
セット単価(税込) 1950円/5パック

↓ご注文はこちらから↓

ほたるいか一夜干し

ご注文は当店「おさかな料理の柴田屋」を運営する真洋創商株式会社のショッピングサイトにて行なって頂きます。※注文ボタンを押して頂くとショッピングサイトに移動します。


【この記事を書いた人】店長柴田の自己紹介


【シェアお願いします!】