ミナミカゴカマス(銀さわら)西京漬 ~安くて美味しい!食卓を支える超優等生~

ミナミカゴカマス(銀さわら)西京漬け

リピート注文はこちらから↓

ご注文は当店「おさかな料理の柴田屋」を運営する真洋創商株式会社のショッピングサイトにて行なって頂きます。※注文ボタンを押して頂くとショッピングサイトに移動します。

商品説明

ミナミカゴカマス(銀さわら)調理例
脂の乗った白身魚・ミナミカゴカマス(銀さわら)の西京漬けです。以前は銀さわらという名前で流通していた魚で、脂の乗った大型鰆(さわら)のように上品な脂が特徴の白身魚です。そのミナミカゴカマス(銀さわら)を西京漬けに熟練した職人さんが専用工場でしっかりと漬け込んだ一品。白味噌の風味がしっかりと入っているので、ごはんのお供としてはもちろん、お酒のあてとしても美味しく召し上がって頂けます。

忙しい時でもしっかりとしたお料理で楽しい食卓を

楽しい夕食時間
家事や育児、お仕事が忙しくて料理に時間が掛けられない時でも、柴田屋の西京漬けならご自宅では焼くだけなので超カンタン♪ でもお届けまでにしっかりと手間ひまを掛けて味付けをしていますので、美味しいお魚料理で楽しい食卓となること間違いなし!夕食のメインディッシュとしてはもちろん、忙しい朝食の焼き魚やお弁当のおかずにも使えます。フライパンにクッキングシートを敷いて焼けば片付けの手間も省けてかなりラクチンです。

酒の肴としても

酒の肴イメージ
主張し過ぎない上品なお料理ですので、晩酌のお供としても最高です。1枚は多過ぎるかもしれませんので半分にカットして焼いてお出しください。日本酒や焼酎はもちろん、サッパリとしたテイストの白ワインとの相性も抜群なのでおすすめです。

上品な脂と身質のミナミカゴカマスを使用

上品な脂ときれいな白身が特徴のミナミカゴカマス(銀さわら)
南半球のニュージーランド沖合で水揚げされるミナミカゴカマスは何十年も前から「銀さわら」という名前で国内でも流通して魚ですが、あまり馴染みがない名前のため一般的にはミナミカゴカマスという名称ではなく「白身魚」としてメニュー化されることが多かった魚です。ただ、身質は脂の乗った鰆(さわら)に似ており、ギトギトはしていない上品な脂のノリときれいな純白の白身が特徴です。この上品な身質は特に西京漬けなどの漬魚に最適で、デパ地下などの漬魚専門店でもよく売られています。

専門工場でしっかりと時間をかけて漬け込んでいます。

味噌漬け工程画像
おさかな料理の柴田屋でご提供させて頂く西京漬けは高級料理店や老舗の西京漬専門店などが採用している本漬けという手法で漬け込んでいますので、切身にしっかりと白味噌の風味が入っています。

量販店の西京漬との製法の違い

3切パック398円で売っているスーパーの西京漬けと1切800円近くもする専門店やデパ地下の西京漬け。もちろん素材や大きさの違いもありますが、実は製法も大きく違っています。

スーパーなどで見かけるお手頃価格の西京漬けは一般的に

簡易的な西京漬の作り方
  1. 冷凍切身をパックに並べる
  2. 上から調合した白味噌をかける
  3. ラップをかけて商品として陳列する

という作り方をします。価格の安さを訴求する場合によく使われる手法です。

冷凍鮭切身
このように冷凍状態の切身に調合した白味噌をかけます。
高級料亭などの手間ひま掛けた仕込みに比べると工程が少なく、手間を掛けずに安く作ることが出来るという点がメリットです。ただ、冷凍状態の切身では味噌を掛けても身の中に味噌の風味はなかなか入っていきませんので、味噌の風味はあまりしないのが欠点です。※陳列ケースに数日並んでいると徐々に切身が解凍され、味が入っていくようにはなります。
スーパー向けに提出した味噌漬けサンプル
以前スーパーさんに提出した味噌漬けのサンプル。切身の上に味噌を掛けてください、との指示がありました。
西京漬け(簡易的漬け込み)


この手法とは対照的に手間ひま掛けた分コストはかかっていますが、味噌の風味が入って美味しいのが高級料亭や漬魚専門店で採用されている本漬けという方法。当店の西京漬けはこの手間ひま掛けた本格的な製法で西京漬けを漬け込んでいますので、味がしっかりと入っています。

本格的な西京漬の作り方
  1. 切身を完全解凍する。
  2. 塩をあて、魚の臭みを取り除く。
  3. 調合した白味噌を1枚ずつ切身の裏表に丁寧に塗る。
  4. 冷蔵庫で1~2日ほど寝かせる。
  5. 切身を取り出してパックする。
味噌漬け工程画像
こんなイメージです。
西京漬けの本格的な製法
手間ひまは掛かりますが、切身を完全解凍した上で塩をあてて魚の臭みや水っぽさを取り除くと同時に味噌が入りやすい下地を作ります。そしてその後調合した白味噌を切身の裏表とも丁寧に1枚ずつ塗っていき、冷蔵庫で48時間以上しっかりと寝かせて味を染み込ませます。これだけの手間を掛けることでしっかりと味噌の風味が魚に染み込み、西京漬けならではの美味しさになります。
ミナミカゴカマス(銀さわら)西京漬け調理前

商品詳細

製造地 富山県
原材料等 ミナミカゴカマス(ニュージーランド産)、米味噌(米、大豆、食塩)、発酵調味料、ぶどう糖果糖液糖、砂糖、酒精 【一部に大豆を含む】
包装形態 2枚/パック
3枚/パック
パック単価 245円/切

↓ご注文はこちらから↓

ミナミカゴカマス(銀さわら)西京漬け

ご注文は当店「おさかな料理の柴田屋」を運営する真洋創商株式会社のショッピングサイトにて行なって頂きます。※注文ボタンを押して頂くとショッピングサイトに移動します。


【この記事を書いた人】店長柴田の自己紹介


【シェアお願いします!】